境杉の子幼稚園|学校法人寺島学園|預かり保育|子育て支援事業|未就園児親子教室|園児募集

  • 自然の中で、すくすく元気に、健やかな体、豊かな心を育む!
qrcode.png
http://suginoko-kg.jp/
モバイルサイトにアクセス!
学校法人
寺島学園境杉の子幼稚園
〒306-0413
茨城県猿島郡境町山崎1340-2
TEL.0280-87-7842
FAX.0280-87-8091
040453
 

モンテッソーリ教育

 

モンテッソーリとは

モンテッソーリとは
 
 モンテッソーリとは、イタリアで初の女性医師となったマリア・モンテッソーリ(1870~1952)の名前です。
ローマ大学をを卒業したのち、障害児の教育にたずさわり、医学・実験心理学の分野から子どもとかかわりました。
1907年にローマの貧困層の子ども達のために開設した保育施設「こどもの家」が開設されました。
開設から100年以上経っており、20世紀においてこれほど世界に普及した保育法は無いとも言われています。
 
 子どもの家は、ローマの貧困層が住むスラム街に開かれました。
そこにいた子ども達は、粗悪な環境で育ち、落ち着きが無く、集中力の無かった子ども達が、自分のやりたいことを発見し、何度も繰り返し作業を行うことで、集中力と向学心が芽生え、責任感と自身に溢れた健全な人格へと育つことを、モンテッソーリは発見しました。
この考え方は、モンテッソーリ教育の基本となっています。
 
 

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは
 
モンテッソーリ教育は、大人が子どもに教える教育ではなく、子どもから      
ひとりでできるようになるのを 手伝ってね!」     というこころの言葉に耳を傾け、子どもがひとりでできるように子どもを主体として援助を行います。大人が主体ではなく、子どもが環境を通じて発達できるように、教師は環境と子どもを繋げる役割となります。
 
平成29年に改定された国が定める 幼稚園教育要領 にも
 
「環境を通じて子どもが発達できるように教師は環境を作る役目」
 
といったモンテッソーリ教育の考えそのものが幼稚園に求められるようになりました。
 
 活動内容は、子どもが主体となるため、大人が指定した活動や場所で行うのではなく、子ども自身が活動内容と場所を自分で決めて、活動を行います。また続きにしてやめる、最後までやるかどうかも子ども自身で決断します。
 
 子ども達には、自発性、自主性が尊重され、活動の選択の自由が保障されています。そのため環境が整っていて、やり方をゆっくり丁寧に見せることで、興味を持った子ども達は、子ども達のペースで自分の興味・関心のある活動に、納得するまで取り組むことができます。この何回も繰り返し活動するときに、子どもが集中することで、集中力・向学心が芽生えていきます。
 
 大人が子ども達の「やってみたい」「もっと知りたい」「できるようになりたい」をサポートしていくのがモンテッソーリ教育です。
沢山活動し異年齢との関わりを沢山経験することで、こどもは、
 
大人に頼らず、自ら考える・判断する・周りの友達を思いやる・助け合う力
 
が身についていきます。
 
 モンテッソーリ教育は、子どもの大きさに合わせた環境で行います。
教具も子どもに合わせた大きさで、生活環境も子どもサイズであることが求められています。そして、本物であることです。割れ物は壊すからではなく、壊さないように扱うことで、子ども達は丁寧に扱うようになります。また子どもの大きさに合わせることで、子どもでも活動ができるため、子どもが中心となった生活を行います。
 
現代の子どもは、多くのものが自動化されており、家にいても身体を使うことが少なくなっています。しかし、子ども達には内面的な欲求が沢山あります。
大人が子どもの「やってみたい・やりたい」という気持ちと活動を奪ってしまっては、「やってみたい」という欲求は溜まっていくばかりです。そんな1人1人の「個」を確立し、子ども達は1人1人が違った存在であることを認め合い、互いに協力し合いながら、子どもの生まれながらに持っている自ら成長する力をひきのばす教育です。
 
 
 

子ども達が持っている「敏感期」

子ども達が持っている「敏感期」
 
子ども達にはことばや数、身体の運動を獲得するのに最もふさわしい「敏感期」という時期があります。
敏感期というのは、その時期に1つのことにもの凄い興味示す時期のことです。
 しかし、敏感期は長く続くものではありません。その子ども達それぞれの敏感期の時期に、自分で興味がある事をとことん行うことで、飛躍的に発達し、人格が形成されていきます。
モンテッソーリは子ども達を観察し、発達していく中で興味の中心が次々に変わって行く様子に気がつきました。このことから脳生理学に基づいて、様々な能力を身に付けるには最適な時期があるとし、これを「敏感期」としました。
 
敏感期には子どもの行動に表れます。
 
【秩序の敏感期】
ミニカーであそんでいて、ミニカーを一列に並べるようになったり、同じ形や色で分けてみる。毎日同じコップじゃないと怒る。
一日の流れが変わると怒ってしまう。
 
【数の敏感期】
 
車のナンバーを言う。すれ違う車を数えるなど
紙もしくは地面に数字を沢山書く。
 
【言葉の敏感期】
 
自分の名前に興味を持つ。街中の看板を見つけては読んでみる。
 
【感覚の敏感期】
 
ザラザラしたところや、ツルツルした所を触りたがる。白線などの線の上や縁石の上を歩きたがる。マンホールの穴に小石を入れたがる。
 
以上のような行動がそれぞれの敏感期に表れてきます。
 

感覚教育

感覚教育
 

モンテッソーリ教育の目的

モンテッソーリ教育の目的
<<学校法人 寺島学園境杉の子幼稚園>> 〒306-0413 茨城県猿島郡境町山崎1340-2 TEL:0280-87-7842 FAX:0280-87-8091